ホーム > サービス一覧 > 福太郎通信一覧 > 生活習慣病対策 骨粗鬆症になってしまったら

福太郎通信 生活習慣病対策

骨粗鬆症について、危険度チェックからその対策方法
また、便秘の原因とその改善方法を ご紹介しております!

骨粗鬆症になってしまったら・・・

骨折を予防してQQLを維持し改善していきましょう。
食事療法
食事療法
1.カルシウム
カルシウム
骨を強くするためにはまずカルシウム。 しかし、摂取した分すべてが吸収されるわけではありません。 もちろん、吸収量には、個人差がありますので、吸収の良い食品を効率よく摂取しましょう。

例:干しひじき、牛乳、桜えび、小魚(わかさぎ・いわしなど)、大根の葉、など

2.ビタミンD
ビタミンD
カルシウムが体内へ吸収されるのを促進します。ビタミンDは食品から得られますが、日光に当たることによって皮下で活性化されます。

例:干しひじき、牛乳、桜えび、小魚(わかさぎ・いわしなど)、大根の葉、など


この食品は要注意
リンを多く含んでいる食品は、カルシウムの尿中への排出を促進してしまううえ、カルシウムの腸からの吸収を抑えてしまいます。
この食品は要注意
例:スナック菓子・
インスタント食品・炭酸飲料など
運動療法
運動療法
「骨粗鬆症になったら運動なんてしないで安静にしていた方が良い」と考える方も多いと思いますが、実はその考えは間違いです。 運動しないと逆に骨はやせ細って弱くなっていきます。 運動することにより、筋力が維持され反射神経もよくなり、転倒しにくくなります。 骨に適度な力をかけることで、骨の強さは維持されるのです。
運動療法
注意
高齢者の方は、他の病気との合併も考えられますので、運動を始める前に、主治医に相談しましょう。
薬物療法
薬物療法
食事療法・運動療法さらに適度の日光を浴びるなどをしっかり行ったうえで、必要に応じて、医師が薬として処方します。 しかし、薬を飲み始めても食事療法・運動療法に気を配る必要があります。主な骨粗鬆症治療薬は右記の7種類です。
このページのトップへ